課題

スマート企業は、デジタル領域を漂う非構造化テキストの山を、戦略上重要な資産であると認識し、リアルタイムで、複雑な消費者の内面を理解しようとしています。ただし、感情のような主観的なものを定量化するのは簡単ではありません。ある人にとっての “肯定”は別の人には当てはまらず、例えば「私は、この馬鹿みたいに小さなオフィスが好きだ」といった短いセリフであっても、これが肯定的であるかどうかを知るには解釈が必要です。

そのような訳で、フォーチュン500にランキングしているあるテクノロジー企業は、韓国人の感情に関するアノテーションデータを求めて、当社を訪れました。同社は、10,000の入力フレーズを収集してアノテーションを施し、感情の判断とは切り離すことのできない主観性を説明できるデータパートナーを必要としていました。