課題

Amazonなどの先見性に富む企業は、感情分析モデルを活用し、人々の発言の表面的な理解を超えて、それがどのようにして発言されたかというニュアンスを検証しています。しかし、言語が含んだ話し手の感情を構造分析するのは容易ではありません。ある人にとっての“否定”は、必ずしも別の誰かにとっての否定と同じではありません。たとえ短いフレーズでも(例えば、「私は、このちっぽけなオフィスを決して好きではないが、離れる時はさびしいだろう」)、複数のニュアンスの層を含んでいます。特集記事や製品レビューなどの長い記事になると、これらはさらに複雑化します。

理想は、最も精巧な感情モデルにより、長い内容に対して広範囲の複合的スコアを提供すると同時に、個々のパラグラフ、センテンス、および言葉を吟味して、細やかなレベルの洞察を抽出できることです。

Amazonはそのような理想を現実へと変えるべく、当社とパートナーシップを結びました。