課題

ある世界的な電子機器メーカーは、より包括的な顔認識技術の構築のために、次のような目的を持っていました。東アジア系一家の1枚の家族写真から、AIモデルは、各個人を識別すると同時に、家族内における続柄も理解できなければならない、というものです。つまり、幼い女の子の顔を幼い女の子の顔として認識すると同時に、その子が“娘”であることを正確に識別する必要があります。

そのようなAIモデルのトレーニングは単純に思えますが、実は容易なタスクではなく、また、高度な独自基準に適合する正確にアノテーションを施された画像が求められました。各ポートレートは子供たちを含み、最小解像度640×640ピクセルで、様々な屋内照明条件を満たす必要がありました。