課題

国全体で常に電灯の明かりを維持するには、継続的に電柱の損傷を検査する必要があります。当社の専門家チームとパートナーシップを結ぶ前、EDPは、ヘリコプターを利用して空から電柱を調査し、写真を撮っていました。そして、一日の終わりに、これらの写真を利用して手作業で損傷報告書を作成していました。

未確定要素が多く、時間とコストを必要とするこの作業は、修理の必要な電柱を確認するという単純な目的のため行われていました。